通夜や葬儀、告別式のない直葬

結婚式なども年々リーズナブルな予算で行えるようになってきており、ジミ婚が当たり前になりつつあります。葬儀にもその波がやってきており、一般的な葬儀では絶対的に必要だったお通夜や葬儀、告別式を行わずに火葬だけで終わらしてしまう直葬というスタイルの葬儀を選ぶ人が増えています。直葬は火葬式といった呼ばれ方もしており、どちらも同じスタイルの葬儀になっています。

直葬は、色々なスタイルのある葬儀の中でも最もリーズナブルな予算で行うことができる葬儀スタイルです。一昔前は、直葬はお金がない遺族であったり、故人が天涯孤独で簡略的な葬儀をする際に行われていましたが、長く続く不況によって葬儀にお金をかけたくないという人や生前に故人が自分の葬儀はなるべくお金をかけたくないといった遺言状などがあるなど、故人の遺志を尊重して直葬を選ぶケースが多くなっています。

しかし直葬の場合には、一般的な葬儀では考えられないようなトラブルが起こる可能性があります。最も多いトラブルは、葬儀に参列したかった人の不満が出るケースです。故人と親交が深く、葬儀に参列してお別れをしたかったといった人が多い場合には、そちら側の対応に労力を割かなければいけなくなってしまい、簡素化したはずの葬儀が、逆に大変になってしまうケースも珍しくありあません。また、菩提寺とのお付き合いがある場合には、戒名やお布施の問題にも関わってきますので、事前に相談してトラブルを回避するようにしましょう。事前の配慮が大きく影響する可能性があります。