自由度の高い葬儀の家族葬

家族葬は、その名の通り家族だけが参列する葬儀ではありません。基本的には故人と親交の深かった人だけで行う小規模の葬儀のことで、会社関係の人であったり、近所の人などは参列しないスタイルになっています。少人数で行いますので、喪主や葬儀を執り行う側にとっても負担が少なく、参列する人にとっては、ゆっくりと故人との別れを惜しむ時間をとることができますので、非常に人気のある葬儀のスタイルになります。

家族葬に参列する人数については色々と調整することができるのですが、一般的には多くても20人程度で行うことがほとんどです。もちろん本当に家族だけで行うケースもありますので、10人以下の家族葬もあります。これは、世間体であったり形式にとらわれてしまっていた頃では考えられないことです。さまざまなスタイルの葬儀が増えていますが、その中でも最もスタンダードなスタイルが家族葬になります。

家族葬は、宗教の種類や無宗教の故人であっても対応することができます。それは、特に決まった形式という物が存在していないからです。ただし、参列者を限定するということは、呼ばれなかった人の中には参列したかったという人も当然出てきます。そういった人に家族葬ですので、と断る際にトラブルに発展してしまうケースは珍しくありません。その為にも、参列者に選ばれなかった人への対応を事前にしっかりと用意しておくことはとても重要なポイントになります。色々な方法がありますが、故人の遺言状などを用意しておくとトラブルを回避することができ、おすすめです。